借りたお金は何に使ってもいいですか

専業主婦内緒の家計簿

専業主婦内緒の家計簿 > 借りたお金は何に使ってもいいですか

使用用途について

融資には目的別に用途を限ったローンと使い道自由であるフリーローンの二つの金融商品があります。
専業主婦が利用できる銀行カードローンはフリーローンにあたります。
家計を預かる専業主婦としては、冠婚葬祭や子供の塾代、旅行、医療費とお金が必要になる理由が様々なので使い道を限られないカードローンはとても便利です。

最初の申し込みで使用目的を簡単にチェックする場合がありますが、特にそのことについて調査したり細かく聞かれることはありませんし、一度申し込みし審査に通れば決められた限度枠の範囲で何度でも借入・返済を繰り返すことが出来ます。

その都度使用目的について審査されることも無く手軽でスピーディに借入できるのも魅力です。
しかし完全に何にでも使って良いかというと実はそうではありません。
銀行カードローンは事業性資金としての借入を禁じています。

このことは各カードローンの公式サイト内商品説明書に記載されています。
事業性資金とは例えばネイルサロンを始めようと化粧品、店舗の椅子やテーブルなどを揃えるのに使うお金など事業を営むために使う資金のことです。
この場合は事業性資金専用のローンを利用することになります。
事業性資金専用ローンは銀行や信用金庫などで取り扱いしており名称も事業ローンやビジネスローンと様々です。

カードローンに比べて金利が低いので利用者にとっては有利でもありますし、カードローン会社側としては事業性資金は冠婚葬祭やレジャー、生活費の足しに使うなどの金額に比べ大きくまた失敗すると破産というリスクがあるため無担保・保証人無しのカードローンでは融資できないということです。
またギャンブルや他社での借金の返済への利用も多重債務を引き起こす要因となる可能性があり禁止されています。
使い道自由だからこそ必要性を考え有効にカードローンを利用しましょう。

>> 専業主婦でも今日借りられるカードローンを紹介します