収入証明書や夫の同意書があれば専業主婦が消費者金融を利用できますか

専業主婦内緒の家計簿

専業主婦内緒の家計簿 > 収入証明書や夫の同意書があれば専業主婦が消費者金融を利用できますか

専業主婦が消費者金融を利用できますか

自身に収入がない専業主婦の場合、消費者金融での借入れは難しいと考えなければなりません。
消費者金融では総量規制により、夫婦の年収をあわせた額の1/3までなら借入れ可能という配偶者貸付制度があります。
配偶者貸付には配偶者の同意書・住民票や戸籍妙本・金額によっては配偶者の所得証明書といった書類が必要となります。

配偶者の同意書を求めれるということで、夫に内緒で借入れすることは実質不可能となります。
また実際には夫婦両者とも安定した収入がなければ配偶者貸付は利用できないというケースが多く見られます。
書類確認や手続きが面倒なこともあり、現在では配偶者貸付は受け付けていない消費者金融がほとんどとなっています。

しかし銀行カードローンは総量規制の対象外となっています。
本人・配偶者の年収に制限なく、借入れを申し込むことができます。
住民票や戸籍抄本のような書類は一切不要で、専業主婦でも申し込みが可能となっています。
最近では配偶者の同意書も不要という銀行カードローンも見られます。
一定額までは配偶者の所得証明書も必要ないので、とても手軽に申し込みができ人気が高まっています。

ただし配偶者に一定の収入があるということが必須条件となるので注意しましょう。
また夫に収入があるからといって、必ずしも審査に通るとは限りません。
他にもさまざまな条件を総合して融資可能かが決まります。
専業主婦向けの銀行カードローンは限度額もある程度限られているので、借りすぎの心配がなく利用しやすいのが特徴です。

>> 専業主婦でも今日借りられるカードローンを紹介します